元気堂ブログ

屈むと腰が痛い。。。原因は?

元気堂整骨院・整体院の池野です。

 

腰痛の患者さんからよく聞く言葉があります。

 

「前に屈むと腰が痛い。。。」

「治療した後は調子がいいが、しばらくすると痛みが戻ってくる。」

 

 

 

立った状態で靴下を履く

 

庭仕事をする

 

掃除機をかけるなど家事をする

 

重いものを持ち上げる

 

 

など、日常生活で

避けることはできない

前に「屈む」という動作。

 

 

どうして腰が痛くなるのか?

 

なぜなかなか治らないのか?

 

 

その原因と、有効な対策をご紹介します!

 

 

~重要な働きを持つ「ハムストリングス」~

 

まず、体にとって「前に屈む」というのは

 

 

どのような動きなのか


詳しく見ていきましょう。

 

 

身体を前に倒したとき、このように背骨(腰椎)と

一緒に体の土台である骨盤も

前に傾きます。

 .gif

しかし、前に屈んで腰に痛みが出る方は、

この動きができていない場合があります。

 

 

その原因の一つとして、

ハムストリングスの硬さが挙げられます。

 

 

ハムストリングスとは、

 

太ももの裏側にある筋肉の総称で、

 

股関節や、膝関節の動きに関与しています。

 

 .jpg

 

このようにハムストリングスは

骨盤の下部(坐骨)に付着しています。

 

そのため、ハムストリングスが硬いと、

 

 

前屈した際、

 

 

 

 

ハムストリングスが伸びず、

 

本来前に倒れなければならない骨盤を、

 

後ろに引っ張ってしまうのです。

 

.png

 

そのため、骨盤の動きの分まで

 

腰椎が負担をしなければならないため、

 

過度に負荷がかかり、

 

腰痛を引き起こします。

 

また、この骨盤を後ろに

引っ張ってしまうことが原因で、猫背等の

姿勢不良も引きおこします。

 

 

~ハムストリングスの硬さセルフチェック~

 

実際に自分のハムストリングスが硬いのかチェックしてみましょう。

 

□前屈した際、

 床と指先の間が空いている。

 

□前屈した際、

 膝に力が入り、曲がってしまう。

 

□腰痛もちで、

 姿勢が前かがみ(猫背)である。

 

□椅子に座ったり、

 立ち上がる時に腰が痛む。

 

□両足を伸ばして座ったとき、

 床とベッドの間に隙間がある。 

 

 

このどれかに当てはまる場合は、

 

ハムストリングスの

 

硬さが原因での腰痛になる可能性があります。 

 

 

 

~ハムストリングを柔らかくするにはどうしたらいいの?~

 

 

 

ハムストリングスを柔らかくするには、

ストレッチがとても有効的です!

 

 

下の動画で、

ハムストリングの効果的な

ストレッチを紹介します!!

 

 

 

足を組み替えて左右10秒×2セットずつ

行いましょう!

 

~ポイント~

 

・ゆっくりと胸を張った姿勢で

・膝が曲がらないように

・腰ではなくお尻ごと前に倒す

 イメージで

 

 

ストレッチは、

数日おこなった程度では

 

効果が現れにくいので、

 

できるだけ継続して

 

行っていきましょう。

 

 

早い方なら1か月ほどで効果を実感できますよ!

 

 

ハムストリングを柔らかくし、

 

腰痛を起こしにくい身体づくりをしていきましょう!

 

 

 

また、シビレ、激痛など、

症状の重い方は早めに専門家の方に

 

診てもらうことをお勧めします。

 

 

ご予約から診療までの流れ

  • 受付 問診票記入
  • 問診 検査
  • 施術 お会計

元気堂整骨院・整体院

[平日・日曜]午前9:00-12:30/午後15:00-19:30 [水土祝]9:00-12:30  TEL/053-485-8218 お電話対応時間/9:00~19:30 緊急時は24時間!
  • 大型駐車場
  • キッズスペース
  • 開放的な広い院内
  • ベット数15台

思わず人に勧めたくなる整骨院・接骨院Best22「注目の整骨院」に選ばれました!

なぜ人気?元気堂のここが凄い!

電話お問い合わせ電話お問い合わせ